中小企業障害者雇用応援連携事業

都内中小企業の障害者雇用促進に向けて、東京都、国(東京労働局、ハローワーク)、東京しごと財団、都内にある障害者就業・生活支援センターが連携し、300人以下の中小企業へ個別訪問による直接的支援を行う事業です。

当センターは、ハローワーク八王子(八王子市、日野市)、ハローワーク町田、ハローワーク飯田橋(千代田区)管内を担当しています。
担当の雇用支援員が中小企業を訪問し障害者雇用に関連して厚労省および東京都からの案内や障害者支援機関の利用の仕方などのご案内や、障害者雇用する際の進め方などをご説明しております。

 

 

障害者雇用に関係した厚労省や東京都等の資料をこちらからダウンロードできますので、ご活用ください。

《 2019障害者雇用促進ハンドブック 》(東京都)
東京都が毎年発刊している障害者雇用に関連したガイドブックです。障害者雇用制度や助成金、支援機関などの情報が載っています。
▼ダウンロードはこちら

《 2018法定雇用率変更 》(厚労省)
平成30年4月1日に法定雇用率が2.2%(民間企業)に変更になった際の案内です。その時に精神障害者を短時間雇用した場合の雇用率算定は 0.5 から「1」となりました。
▼ダウンロードはこちら

《 特定求職者雇用開発助成金 》(厚労省)
高年齢者、障害者、母子家庭の母などの就職困難者を、ハローワーク等の紹介により継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して支給される助成金です。
▼ダウンロードはこちら

《 2020企業向け支援事業 》(東京しごと財団)
人材確保・職場環境整備に関する相談窓口や助成金などの案内です。障害者に特定した内容ではなく働き方改革に関係した支援内容で、コロナ対応で広がっているテレワークの導入に関連した助成金についても掲載されています。
▼ダウンロードはこちら