就職者の声

業務の適性だけでなく、通勤に無理のない場所か、職場環境は本人に合っているか、休憩時間の過ごし方はどうかなど、「働くこと」全般についてご本人にマッチングしているかどうかを重視。「長く安定して働く」ための就職活動を行っています。

28歳・女性:リサイクルショップ販売員
自閉症スペクトラム/CJ通所1年10ヵ月で就職

今まで私は、健常者の人たちの中で「自分も健常者のように振舞わなければならない」というプレッシャーを感じながら過ごしてきました。
ですが、クロスジョブに通うようになって、同じような悩みを抱えている人たちの中で訓練をしたり担当スタッフと面談をしていくうちに、自分の特性を受け入れることが自然とできるようになり、一番苦手としていた「人との接し方」について、相手の立場になって話を聞くことができるようにもなりました。以前の自分からは考えられないほど成長したなと思います。
今は社会人としての自覚を持って、それにふさわしい振舞いを心がけて日々仕事をしています。自分の可能性を諦めずに、焦らずに頑張ってよかった、と思っています。

28歳・男性:書店員
広汎性発達障害/CJ通所1年5ヵ月で就職

基本的なビジネスマナーとコミュニケーションの取り方、この2つがクロスジョブで私が学び、いま働く上でとても役に立っていると感じることです。
それまで、働いていないということに負い目を感じ積極性も失っていた自分でしたが、クロスジョブの訓練や体験実習を通して、徐々に社会人としての立ち居振舞いを身につけることができ、だんだんと自分に自信が持てるようになっていきました。

また、作業中に眠気が起きてしまったときはどうしたらよいかなど、課題への対処法をスタッフと一緒に試行錯誤できたことも、今後安定して働いていくために自分がどのような工夫をしたらよいのかを考える助けになりました。

今は精神的にも余裕を持って生活ができています。